ネットピル

ネットでピルを買うにはどうしたらいいの?

ピルをインターネットで購入するメリットは簡単に安く手に入るということです。

 

通常では婦人科の問診を受けてから処方されるのでその手間がかかりませんし病院に行く時間が取れない方や病院を受診してピルを処方してもらうのに抵抗がある方には良いかと思います。

 

ピルの処方は病院でも希望すれば基本普通に処方しては貰えます。

 

インターネットで購入する場合、医師の診察や処方箋がいらないのでその分安く手に入ると思います。

 

ですが良い点ばかりでは無いと思います。医師の診察がいらないという点はメリットですがデメリットになる場合もあります。

 

大抵ピルを定期的に服用する際は血液検査をする病院が多いかと思います。

 

血栓の出来やすい体質では無いか肝機能に問題がないか調べると説明されました。ネットで購入する時にはこの検査がありません。

 

自分は健康だから大丈夫と思っていても実は…ということもあり得ます。

 

問診では体調や今までの健康状態やピルの目的などにより数ある種類の中から医師が最適なものを選んで処方されます。

 

飲み方や飲み忘れ、処方されたピルの副作用などさまざまな指導を初めにされますので初診料1000円位が高いか安いかは個人で感じ方も別れる所だとは思います。

 

ピルの種類や副作用はインターネットで検索すれば分かるものも多いですが自分に合う合わないもあります。

 

未成年が安易に購入出来てしまう事も実はデメリットでは無いでしょうか。

 

生理があれば未成年でも服用は可能ですが安易にというのは考えものだと思います。

 

未成年がネットで購入する場合は殆どが保護者の承諾なしに購入している事が多いと思いますが、その場合に副作用が起きた時に直ぐに医師の診察を受けない場合が時としてあります。

 

ピルをインターネットで購入する時には値段の安さで決めないで信頼出来る会社が輸入しているかどうか注意も必要です。

 

主に避妊を目的としての服用の場合インターネットで粗悪品、最悪な場合偽物も出まわっているとの話もあります。

 

安さより信頼を取る方が絶対的に安全です。

 

説明書も日本語表示では無いので初めて服用する場合、種類を変える時そのピルをあらかじめ自分で調べてから購入したほうが良さそうです。

 

口コミが良いからと購入しても自分には合わなかった副作用がキツかったなどもあると思います。

 

低容量ピルは副作用が少ないですが100%ではありませんので注意が必要です。

 

ピルをインターネットで購入するメリット、デメリットや注意するべき点を考え判断することが大切になると思います。

 




 

ネットでピルを安く買う一口メモ

 

×